ブルーベリーの栄養成分

ブルーベリーの栄養成分

ブルーベリーは、夏の時期に旬を迎える果物で、美容のための栄養が豊富なことで有名です。
完熟した果実の表面は、白いブルームによって被覆されていますが、実際には鮮やかな紫色をしています。
この色素成分はアントシアニン系のポリフェノールであり、強力な抗酸化作用があるのが特徴です。

 

ブルーベリーには、コラーゲンの生成に関わるビタミンCも含まれるために、アントシアニンとともに美肌効果が活発になります。
水溶性と不溶性の食物繊維が一緒に含まれることで、整腸作用を促進させて、お腹の健康を保つために役立ちます。
薬膳の考えで見る場合には、甘味と酸味の特徴があり、漢方的な血の流れを改善させる働きもあります。

 

よく完熟させたブルーベリーのほうが栄養価が高いために、旬のものを利用することが大切です。
日照時間が長い場所で栽培された品種には、抗酸化成分が特に多くなる特徴があります。

 

ビタミン類の中では、ビタミンEの量が特に多いために、血流促進のために有効となります。
ビタミンAも含まれることで、傷ついてしまった粘膜や皮膚を再生して、潤いを復活させる作用も働きます。美容にとって必須となるビタミンB群も多少は含むことで、他の栄養と合わせて美容効果が高まります。